イベント時期におすすめの夏にぴったりのノベルティグッズを作ろう

企業イメージアップが可能

グッズ

イベントが増える季節

夏は人々が外に出る機会も多く、イベントを主催する企業としてはさまざまなメリットがあります。なかでもノベルティグッズは、その企業を広く知ってもらう絶好の機会としてとらえられています。壁面やTV・インターネットを利用した広告では、消費者が積極的に知ろうとしなければ認知度は上がりません。しかしノベルティグッズを工夫することで、より広い世代の人や今まで興味がなかった人にも認知度を上げることがあるのです。夏のイベントというと、花火や野外フェス、海やプール、キャンプ、登山などがあります。花火イベントなどではうちわや扇子、冷却ジェルなどは広く手に取ってもらいやすいノベルティグッズです。またペットボトルを入れる保冷ホルダーやミニタオルなども実用的で人気です。ノベルティグッズは手に取ってもらえ実用的なものの方が効果が高いともいえるのです。

広く認知度を期待できる

夏の風物詩うちわのノベルティは以前から人気でしたが、最近ではより持ち運びしやすい扇子も選ばれています。小さく折りたためてバッグの中に入れておける扇子は、必要な時にすぐ出せて、友人同士の貸し借りで広告効果も高くなります。またペットボトルホルダーなどの実用品は、外出先で飲み物を購入する機会が多い夏は喜ばれています。デザイン性の高いオシャレなノベルティは、入手が困難になることもあり、限定品という心理的な相乗効果もあり、販売促進にもつながることになります。ノベルティは、「タダでもらえる」というプラスイメージだけでなく、そのグッズのセンスがいいことによって、作った企業側のイメージアップにもつながります。広い人を対象にすることも、ターゲットを絞ることも可能で、やみくもに広告を打つよりも費用対効果が高くなることもあるのです。

箱

利用したいギフトボックス

ギフトボックスとも呼ばれる化粧箱はギフト商品を入れる器として多く利用されており、高級感の演出に役立っています。パッケージ類の印刷・製作を行う業者に注文することで、オーダーメイドの化粧箱を作ることができます。多くの種類がある化粧箱の高級感を出すには、箔押しや表面PP加工などのテクニックが効果的です。

Related Links

  • 株式会社ホープツーワン

    同人グッズの作成に注目が集まっています。多くの人から支持されている業者に依頼しましょう。
紙袋

配布物を業者に発注する

紙袋を印刷する際は、印刷所に要望を含めて注文することで雨に強いものや頑丈なものを作れるということを知っておきましょう。紙袋にイラストや文字を明記することで、印象深いイベントにすることができるという目的があります。

カレンダー

カレンダーの種類

卓上カレンダーはデスクにセットできるため。仕事で電話対応をしている時でもすぐさま日付を確認できます。一日のテンションを上げてくれるような卓上カレンダーを購入しましょう。こうしたカレンダーには一枚に一月の暦が書かれているものだけでなく、日めくりタイプのものもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加